フィリップ・ラクー=ラバルトとは?

フィリップ・ラクー=ラバルト(Philippe Lacoue-Labarthe,1940年3月6日 - 2007年1月27日)フランスの哲学者。ストラスブール大学名誉教授。
ジャック・デリダとマルティン・ハイデッガー ハイデガーから強い影響を受けた哲学者で、詩、演劇、音楽などの芸術論とナチス問題をはじめとする政治論を両軸に思想を展開した。ラクー=ラバルトは特にミメーシスという視点を中心に脱構築していく。ハイデガーとフリードリヒ・ヘルダーリン ヘルダーリンの脱構築的読解を通して、哲学や文学、詩学を論じている。
ラクー=ラバルトは、ハイデガーの国家社会主義ドイツ労働者党 ナチス加担はハイデガー哲学のなかに刻印されているとみていて、彼は単にハイデガーから影響を受けただけではなくて、ハイデッガーを批判的に継承している。またラクー=ラバルトはジャン=リュック・ナンシーとの共著を執筆している。

フィリップ・ラクー=ラバルトの詳細

フィリップ・ラクー=ラバルトの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵