チャールズ・サンダース・パースとは?

清教徒の移民であったジョン・パースの子孫であり、当時アメリカ最大の数学者と見なされたハーヴァード大学・数学教授ベンジャミン・パースの次男として生まれる。早くから父に才能を見いだされ、特別の教育を受ける。なぞなぞ・トランプの手品・チェス・暗号を好み、8歳で化学者、10歳で数学者となり、13歳のときにはホエイトリーの『論理学の要項』を教えられ、これを完全に理解したという。1862年にマスター・オブ・アーツ、1863年にはバチェラー・オブ・アーツの学位をそれぞれ抜群の成績で授与され、1869年~70年度には、エマスン、キャボット、フィスクなどの年長者とならんでハーヴァード大学の哲学講演に参加した。

チャールズ・サンダース・パースの詳細

チャールズ・サンダース・パース人気商品

パースの宇宙論

パースの宇宙論

価格:¥ 2,940
オススメ度:
通常24時間以内に発送

パース著作集―Peirce 1839‐1914 (1)

パース著作集―Peirce 1839‐1914 (1)

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常24時間以内に発送

パース (Century Books―人と思想)

パース (Century Books―人と思想)

価格:¥ 893
オススメ度:
通常24時間以内に発送


チャールズ・サンダース・パースの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵