カール・ルートヴィヒ・ミヘレットとは?

カール・ルートヴィヒ・ミヘレット(Karl Ludwig Michelet, 1801年12月4日 - 1893年12月16日)はドイツの哲学者。ヘーゲル中央派に属す。
ベルリンの生まれ。ベルリン大学で哲学を学ぶ。1824年に哲学博士の学位を取得。当時は、ヘーゲルの哲学が一世を風靡し、彼も例外なくヘーゲルの影響下で学んだ。その後、1829年にベルリン大学教授に就任。終生その職に就いていた。
ヘーゲル哲学を専門に教え、ヘーゲル哲学の伝統の教授と流布に尽力した。1828年に「哲学的道徳の体系」を出版し、責任の倫理学的の理論の解明で注目される。1836年にはパリでアリストテレスの形而上学の学説を発表、「道徳と政治の科学」というタイトルでフランス語で出版する。

カール・ルートヴィヒ・ミヘレットの詳細

カール・ルートヴィヒ・ミヘレットの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵