フィリップ・マールハイネッケとは?

フィリップ・コンラート・マールハイネッケ(Philip Konrad Marheineke 、1780年5月1日 - 1846年3月31日)は、ドイツの神学者・哲学者。ヘーゲル学派の人物として知られているが、研究者によってヘーゲル右派 右派か、中央派かは、分かれるところである。
ハノーファー近郊ヒルデスハイムの生まれ。ゲッティンゲン大学で神学を学ぶ。1805年にエルランゲン大学の員外教授に指名される。1807年にハイデルベルクに移住。1811年にベルリン大学の哲学の正教授に就任。1820年からは、シュライエルマッハーと共に教会の説教者として活躍する。当初はフリードリヒ・シェリング シェリングに影響されていたが、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲルが著名になってからは、ヘーゲルの門下生として活躍していった。そして、ヘーゲル右派の代表的な人物としてみなされるようになった。マールハイネッケは、ヘーゲル哲学の伝統的な考え方によって、教会におけるすべての教義を説明しようとした。こうした姿勢は、新しいキリスト教の形式を生み出し、ヘーゲル主義的キリスト教論の礎となった。この考えは、当時ドイツの哲学界を独り占めしていたヘーゲル学派の面々に様々な影響を与えたといえる。

フィリップ・マールハイネッケの詳細

フィリップ・マールハイネッケの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵