ヨハン・カール・ローゼンクランツとは?

ヨハン・カール・ローゼンクランツ(Johann Karl Friedrich Rosenkranz,1805年4月23日-1879年7月12日)はドイツの哲学者。ヘーゲル中央派に属す。
マグデブルクの生まれ。ベルリン大学、ハレ大学、ハイデルベルク大学の各大学で哲学を学ぶ。ヘーゲルとシュライエルマッハーの哲学を専門とした。ハレ大学助教授次いで、1833年にケーニヒスベルク大学教授に就任。生涯を当地で過ごした。
彼は、晩年は視力を完全に失い盲人となった。長年のキャリアにおいて、様々な書物を出版し、ケーニヒスベルクという地理的にも離れていた土地で活躍していたこともあって、必ずしもヘーゲル学派(あるいはヘーゲルそのもの)の伝統に則った書物を残していたわけではないが、彼はヘーゲル学派の伝統に忠実だとされている。彼自身はヘーゲルからの離反を試みていた。

ヨハン・カール・ローゼンクランツの詳細

ヨハン・カール・ローゼンクランツの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵