フェリックス・ガタリとは?

フェリックス・ガタリ(Félix Guattari,1930年4月30日 - 1992年8月29日)は、フランスの思想家・精神分析学者。
ジャック・ラカンのもとで学ぶが、後に袂を分かつ。1968年五月革命以降、ジル・ドゥルーズに出会う。
ドゥルーズとの共著に、『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』、『カフカ』、『哲学とは何か』がある。政治犯救済運動の推進の一方、ボルド精神病院に勤務し、精神医学改革の運動を起こしてきた。
主著に、『精神分析と横断性』、『分子革命』、プルースト論の『機械性無意識』がある。
遺著は『カオスモーズ』。カオスモーズとは、「カオス(混沌)」、「コスモス(秩序)」、「オスモーズ(浸透)」の3語を組み合わせた造語である。

フェリックス・ガタリの詳細

フェリックス・ガタリ人気商品

アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症 (河出文庫)

アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症 (河出文庫)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)

価格:¥ 1,260
オススメ度:
通常24時間以内に発送

千のプラトー―資本主義と分裂症

千のプラトー―資本主義と分裂症

価格:在庫切れ
オススメ度:


フェリックス・ガタリの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵