ポール・ヴィリリオとは?

ポール・ヴィリリオ(Paul Virilio, 1932年1月4日 - )は、フランスの思想家、都市計画家。
パリ生まれ。速度術(ドロモロジー)を鍵概念として、テクノロジーやメディアの発展によって、人間の知覚や行動がどのように変容していくのかを分析している。
『戦争と映画――知覚の兵站術』(ユー・ピー・ユー, 1988年/平凡社[平凡社ライブラリー], 1999年)
『速度と政治――地政学から時政学へ』(平凡社, 1989年/平凡社ライブラリー, 2001年)
『電脳世界――最悪のシナリオへの対応』(産業図書, 1998年)
『情報化爆弾』(産業図書, 1999年)
『幻滅への戦略――グローバル情報支配と警察化する戦争』(青土社, 2000年)

ポール・ヴィリリオの詳細

ポール・ヴィリリオの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵