ミシェル・フーコーとは?

ミシェル・フーコー(Michel Foucault, 1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者。高等師範学校 (フランス) 高等師範学校(Ecole Normale Supérieure)卒。
1926年 ポワティエ市にて出生
1943年 バカロレア(大学入学資格試験)に合格
1946年 高等師範学校(Ecole Normale Supérieure)入学
1948年 自殺未遂事件
1950年 大学教員資格試験に失敗
1950年 再び自殺未遂事件
1951年 リール大学の助手に採用
1955年 ワルシャワにて研究、「狂気の歴史」を著す
1970年 コレージュ・ド・フランス教授就任
1975年 「監獄の誕生」を出版
1984年 後天性免疫不全症候群(AIDS)にて逝去
1926年10月15日ポワティエ市にて、外科医の父ポール・フーコーと母アンヌの間に生まれる。第二次大戦中はドイツ軍の占領により母方の祖母レイノー・マラペールのもとへ疎開。1943年6月バカロレア(大学入学資格試験)に合格。進学先について父と対立。父は医学部を奨めるが、本人は文学を希望、母の説得に父が折れる。

ミシェル・フーコーの詳細

ミシェル・フーコー人気商品

フーコー入門 (ちくま新書)

フーコー入門 (ちくま新書)

価格:¥ 756
オススメ度:
通常24時間以内に発送

知への意志 (性の歴史)

知への意志 (性の歴史)

価格:¥ 2,520
オススメ度:
通常24時間以内に発送

言葉と物―人文科学の考古学

言葉と物―人文科学の考古学

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常24時間以内に発送


ミシェル・フーコーの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵