アブラハム・イブン・エズラとは?

アブラハム・ベン・メイール・イブン・エズラ(Abraham ben Meir ibn Ezra, スペイン語 Abraham aben Ezrá(Esrá), ラテン語 Abenezra, 1090年/1092年 トレド - 1164年/1167年)はスペインのユダヤ教徒のラビ・学者・詩人。中世のユダヤ系の著作家でもっとも傑出した一人。
文法・哲学・数学・天文学・医学などに精通し、多くの分野に亘って著作がある。
特に聖書注釈は、ユダヤ教注解学の黄金時代の幕開けとなった。1526年刊行のトーラーのヘブライ語註釈書は、伝説的解釈に陥らず、深い洞察を示すものである。
トレドに生まれ、1140年以降スペインを離れ、生涯移住生活を送る。北アフリカ、エジプト、イタリア(ローマ、ルッカ、マントヴァ、ヴェローナ)、南フランス(ナルボンヌ、ベジエ)、北フランス(ドルー)、イングランド(ロンドン)、最終的に南フランスに戻った。

アブラハム・イブン・エズラの詳細

アブラハム・イブン・エズラの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵