アレクサンドリアのフィロンとは?

アレクサンドリアのフィロン(Philon, 紀元前20年 20/紀元前30年 30年? - 40年 紀元後40/45年?)は、古代アレクサンドリア(エジプト)で活躍したユダヤ人哲学者。豊かなギリシア哲学の知識をユダヤ教思想の解釈に初めて適用した。ギリシア哲学を援用したフィロンの業績はユダヤ人には受け入れられず、むしろ初期キリスト教徒に受け入れられ、キリスト教思想のルーツの1つとなった。
生涯についてはほとんど知られていないが、アレクサンドリアのユダヤ人共同体(ディアスポラ)の指導グループに属していたらしい。そのことはフィロンがアレクサンドリアのユダヤ人とギリシア人の間で紛争が起こったことに際して、ユダヤ人の代表団の一人として皇帝カリグラへの陳情のため、ローマへ旅行したことからわかっている。

アレクサンドリアのフィロンの詳細

アレクサンドリアのフィロンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵