バアル・シェム・トーブとは?

『イスラエル・ベン・エリエゼル』より : ラビ(レベ)・イスラエル・ベン・エリエゼル
(:en:Rebbe Rebbe(rabbi) Yisroel ben Eliezer, ישראל בן אליעזר
”(Yiśrā’ēl bēn ’El‘āzâr)”, 1700年頃 ガリチア東端(現ウクライナ・テルノピリ州の廃墟)・ホティン近郊聖三位一体砦 :en:Okopy Swietej Trojcy Okopy Świętej Trójcy - 1760年5月22日 ガリチア・ミェンヅィブシュ :pl:Międzyborz Międzyborz)
はハシディズムの創始者とされる、汎神論的な立場を取ったユダヤ教思想家。
バアル・シェム・トーブ(הבעל שם טובBa‘al Šem T‘ōbh)の名で活躍し、略称はהבעש"טベシュト(BEŠT)。
The chief source for Besht”s biography is Baer (Dob) b. Samuel”s Shibchei ha-Besht, Kopys, 1814, and frequently republished.

バアル・シェム・トーブの詳細

バアル・シェム・トーブの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵