ヘルマン・コーエンとは?

ヘルマン・コーエン(Hermann Cohen, 1842年7月4日 ザクセン・アンハルト州コースヴィヒ w:de:Coswig Coswig - 1918年4月4日 ベルリン)は、ユダヤ系ドイツの哲学者。「コーヘン」とも呼ばれる。
パウル・ナトルプ ナトルプとともに、新カント派のマールブルク学派を形成。
あらゆるものが思考の範疇にあるとする、思考の一元論を説いた。晩年の著作である『ユダヤ教の典拠に基づく理性の宗教』等のユダヤ哲学関連の著作においてフランツ・ローゼンツヴァイクに深い影響を与えた。
弟子にニコライ・ハルトマン、エルンスト・カッシーラー カッシーラーがいる。
”Kants Theorie der Erfahrung” (1871)
『カントの経験理論』

ヘルマン・コーエンの詳細

ヘルマン・コーエンの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵