クリスチャン・ヴォルフとは?

『クリスティアン・ヴォルフ』より : クリスティアン・ヴォルフ Christian Wolff(1679年1月24日-1754年4月9日)ドイツの哲学教師。ライプニッツからカントへの橋渡し的存在。独断論の祖。
パン屋の息子としてブレスラウに生まれる。最初に神学を学び、イェーナ大学・ライプツィヒ大学で哲学と数学を修め、1704年からライプニッツと交わり、その推薦で1707年にハレ大学の数学・自然学教授、1709年に哲学教授となる。従来の習慣を破ってドイツ語で著作し講義をした。1723年に孔子を賞賛した演説が無神論という言いがかりを招き、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (プロイセン王) フリードリヒ・ウィルヘルム1世の退去命令によりマールブルクに逃亡した。有名な教師であったヴォルフに嫉妬した神学者がヴォルフの予定調和説を歪めて伝え、「兵隊が脱走しても宿命がそうさせたので、兵を罰することは不当である」と主張しているかのように王に告げ口したせいともいわれる。ハレ大学を訪れる人が激減し、間接国税が減る結果に驚いた王がヴォルフを呼び戻そうとしたが応じず、マールブルク大学の哲学科主任教授となり、ロンドン・パリ・ストックホルムの科学アカデミーの会員資格を与えられ、ロシアのピョートル1世からは新設のペテルスブルク・アカデミーの副会長に指名されるという全ヨーロッパ的な名声を享受した。フリードリヒ2世 (プロイセン王) フリードリヒ2世即位後の1740年にハレ大学に復帰、1745年に学長となる。晩年にはさすがの令名も色あせ、最後には聴講席はがら空きだったという。

クリスチャン・ヴォルフの詳細

クリスチャン・ヴォルフの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵