トマソ・カンパネッラとは?

トマゾ・カンパネッラ(Tommaso Campanella,1568年9月5日 - 1639年5月21日)はイタリアの聖職者、哲学者。
14歳でドミニコ会修道院に入って托鉢修道士となり、自然哲学者のベルナルディーノ・テレージオ著『自然論』を読んでアリストテレス哲学に明確に反対するようになる。1589年にナポリに赴き、自然科学者ジャンバッティスタ・デッラ・ポルタの影響のもとに、魔術・錬金術・占星術・天文学・哲学などについてその地の知識人たちと討論を重ね、1591年すでに書き上げていた『感覚哲学』を出版する。この出版はドミニコ会全体を震撼させ、宗門裁判所に召喚され、1582年8月28日の裁判により、主張を捨て1週間以内にカラブリアに戻るよう命じられる。しかしこの命令に抗してフィレンツェ・ボローニャをへてパドヴァ大学に学生として籍を置き、ガリレイなどの学者たちとの親交を深め、93年からいくつかの著作をおこなう。この中にはその後紛失したが『カトリック教徒の君主制度』というものなどもあったという。ユダヤ教徒と信仰について議論した疑いで友人とともにローマ教皇庁の牢獄に投じられ、1595年5月16日に釈放された後、サンタ・アヴィーナ修道院で謹慎を命じられた。その間に『ルーテル派、カルヴァン派、その他の異端にたいする対話』を著した。

トマソ・カンパネッラの詳細

トマソ・カンパネッラの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵