ニッコロ・マキャヴェッリとは?

マキャヴェッリ(Niccolò Machiavelli, 1469年5月3日 - 1527年6月21日)は、イタリア、ルネサンス期の政治思想家である。代表作に、『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』『戦術論』など。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治を宗教、道徳から切りはなして現実主義的な政治理論を創始した。
1469年 フィレンツェに生れる。
: この頃フィレンツェ共和国は、ロレンツォ・デ・メディチの死(1492年)、メディチ家の追放(1494年)、サヴォナローラの神政政治を経て、サヴォナローラ失脚・処刑(1498年)という大きな変動の時代であった。
1498年 共和国政府の第二書記局長になる(~1512年まで)。10人委員会に出向。

ニッコロ・マキャヴェッリの詳細

ニッコロ・マキャヴェッリの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵