パラケルススとは?

パラケルスス(Paracelsus, 1493年か1494年 - 1541年9月24日)は、ヨーロッパ初期ルネサンス期の有名な錬金術師、医師、自然哲学者。本名は、テオフラトゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバトゥス・フォン・ホーエンハイム (Theophrastus Philippus Aureolus Bombastus von Hohenheim)。
スイスの巡礼地で有名なアインジーデルン(チューリッヒの南南東約35Km)に生まれる。
1515年、イタリアのフェラーラ大学医学部を卒業。
1525年、スイスのバーゼル大学の医学教授に就任。しかし、キリスト教を批判したために追放されて、放浪の医者となる。
ザルツブルクで没し、聖セバスチアン墓地に埋葬された。
「パラケルスス」とは、古代ローマで高名な医者であったケルススをしのぐ、という意味である。パラケルススは医者であり、完全な生命を生み出すために錬金術師になったと伝えられる。また、人造人間ホムンクルスをつくった、賢者の石を所持していたなどの伝説がある。

パラケルススの詳細

パラケルススの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵