マルシリオ・フィチーノとは?

マルシリオ・フィチーノ(Marsilio Ficino 1433年10月19日 - 1499年10月1日)はイタリア・ルネサンス期の人文主義者。メディチ家の保護を受け、プラトンの著作を翻訳した。
メディチ家の侍医の子として生まれ、コジモ・デ・メディチ(1389年 - 1440年)に才能を見出されて、ギリシャ語・ラテン語を学ぶ。コジモが創立した私的なサークル、プラトン・アカデミーの中心人物になり、同サークルの活動により、ピコ・デラ・ミランドラ、アンジェロ・ポリツィアーノ ポリツィアーノらに直接的に影響を与えた。
中世ヨーロッパではスコラ学を介してアリストテレスは知られていたものの、プラトンについては(『ティマイオス』を例外として)ほとんど知られていなかった。フィレンツェ公会議などを契機に東ローマ帝国の学者からプラトンのギリシャ文献が伝わり、フィチーノはプラトン全集をラテン語に翻訳して出版した。フィチーノの訳業はルネサンス期の新プラトン主義(ネオプラトニズム)隆盛の元になった。

マルシリオ・フィチーノの詳細

マルシリオ・フィチーノ人気商品

『ピレボス』注解―人間の最高善について (アウロラ叢書)

『ピレボス』注解―人間の最高善について (アウロラ叢書)

価格:¥ 4,725
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

恋の形而上学

恋の形而上学

価格:在庫切れ
オススメ度:


マルシリオ・フィチーノの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵