無著とは?

無著(むぢゃく)はインドの大乗仏教唯識(ゆいしき)派の大学者。
サンスクリット名アサンガ (asaNga) の漢訳。生没年は不詳だが、310年‐390年ころの人。西北インドのガンダーラ国(現在のパキスタン、ペシャーワル地方)にバラモンの子として生まれた。
父はカウシカ(kauCika、去尸迦)、母はビリンチ(viriJci、比隣持)、兄弟3人のうちの長男であった。実弟は説一切有部から唯識派に転向して大成したバスバンドゥ(世親)。
初め部派仏教の化地部(けじぶ)において出家し、瞑想に基づく欲望からの離脱法を修得した。「空 (仏教) 空」の教理が理解できないため自殺しようと悩んでいたとき、東方、ビデーハ国(現在のビハール州北部)のピンドーラ(piNDola、賓頭羅)阿羅漢に出会い、ようやく小乗の空観をも体得した。

無著の詳細

無著人気商品

摂大乗論―和訳と注解 (上)

摂大乗論―和訳と注解 (上)

価格:在庫切れ
オススメ度:

禅林象器箋抄釈

禅林象器箋抄釈

価格:¥ 4,077
オススメ度:
通常24時間以内に発送

無著と世親 (1975年)

無著と世親 (1975年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


無著の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵