ジェレミ・ベンサムとは?

”ジェレミ・ベンサム(Jeremy Bentham, 1748年2月15日 - 1832年6月6日)は、イギリスの哲学者、法学者。功利主義の創設者として有名である。。
法学を専攻するもウィリアム・ブラックストンの講義を聴いて失望し、功利主義の立場から実定法を批判的に論じた。法典化を推奨し、後世の国際法学に影響を与えた。英単語の codify(法典化する)も international(国際的な)も彼の造語である。他にも、maximize や minimize などの多数の造語は、既存の用語による先入観をできるだけ排除して新たな方法論を記述するための努力の結晶といえる。
彼の名前は、日本では「ベンサム」と表記発音され英語圏でもベンサムと発音されるのが一般的だが、ベンタムと発音する方が学術的に正しいようであり(岩佐幹三『市民的改革の政治思想』(法律文化社、1979年)参照)、また日本でも特に法律学者においては伝統的にベンタムと表記することが多いようである(長谷川正安「訳者はしがき」(長谷川正安訳、J.ベンタム著、E.デュモン編『民事および刑事立法論』、勁草書房、1998年)参照)。

ジェレミ・ベンサムの詳細

ジェレミ・ベンサム人気商品

ジェレミ・ベンサムの政治思想

ジェレミ・ベンサムの政治思想

価格:在庫切れ
オススメ度:

ジェレミ・ベンサムの政治思想

ジェレミ・ベンサムの政治思想

価格:在庫切れ
オススメ度:


ジェレミ・ベンサムの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵