ジョン・スチュアート・ミルとは?

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 - 1873年5月8日)はイギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ジェレミ・ベンサム ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。
ミルの生涯は彼の精神的、思想的発達の描写を中心とした、自身による『自伝』(『ミル自伝』とも。1873年)で詳細に語られている。
ジョン・スチュアート・ミルはロンドンにてジェームズ・ミルの長男として生まれた。ミルは父親によって教育され、また父親と親交が深かったベンサムやフランシス・プレイスにも助言をもらったりした。その教育法はすさまじく、彼は小さい頃から年中勉強させられ、父親はミルが同年代の他の子供たちとは遊ばないようにさせた。父親のジェームズ・ミルはベンサムの思想に共感しており、また連合主義(associationism)の支持者でもあった。父親のジェームズはそれらの考えにもとづき、ミルを優れた知識人として、またベンサムと自分に続く功利主義者として育て上げようとしたのである。

ジョン・スチュアート・ミルの詳細

ジョン・スチュアート・ミル人気商品

代議制統治論 (岩波文庫)

代議制統治論 (岩波文庫)

価格:¥ 1,050
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

ミル『自由論』再読

ミル『自由論』再読

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常24時間以内に発送

公開討議と社会的知性―ミルとデューイ

公開討議と社会的知性―ミルとデューイ

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


ジョン・スチュアート・ミルの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵