ジョージ・エドワード・ムーアとは?

ジョージ・エドワード・ムーア(George Edward Moore、G.E. Moore、1873年11月4日 - 1958年10月24日)は、イギリスの哲学者。バートランド・ラッセル ラッセル、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン ウィトゲンシュタイン、ゴットロープ・フレーゲ フレーゲらと共に今日の英語圏の哲学界で主流を占める分析哲学の礎を築いたとされる哲学者の一人。主著は倫理学における自然主義的誤謬を批判した『プリンキピア・エチカ』。関連:メタ倫理学-倫理学の項参照。
自然主義的誤謬
イギリスの哲学者 むうあ しい いい
論理実証主義 むうあ しい いい
bg:Джордж Едуард Мур
George Edward Moore
George Edward Moore

ジョージ・エドワード・ムーアの詳細

ジョージ・エドワード・ムーア人気商品

観念論の論駁

観念論の論駁

価格:在庫切れ
オススメ度:

倫理学 (りぶらりあ選書)

倫理学 (りぶらりあ選書)

価格:在庫切れ
オススメ度:


ジョージ・エドワード・ムーアの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵