アルフレート・ヴェーバーとは?

『アルフレッド・ヴェーバー』より : アルフレッド・ヴェーバー (Alfred Weber、 1868年7月30日 エアフルト - 1958年5月2日 ハイデルベルグ)は、ドイツの社会学者並びに経済学者であり、マックス・ヴェーバーの弟である。ドイツ語本来の読み方なら、アルフレート・ヴェーバーであるが、日本では慣例的に英語風にも読まれる。 
兄のマックス・ヴェーバーと同様に、アルフレッド・ヴェーバーも経済学者を始め、1909年に経済学の位置論を基づいたとされる。しかも、後文化社会学者として活躍した。1904年より1907年にかけて:en:Charles University of Prague プラハ大学の教授をし、後ハイデルベルク大学に移動した。国家社会主義ドイツ労働者党 ナチ期中(1933年 - 1945年)退任させられていた。

アルフレート・ヴェーバーの詳細

アルフレート・ヴェーバー人気商品

工業立地論 (1966年) 工業立地論 (1966年)
価格:在庫切れ
オススメ度:
発売日:

アルフレート・ヴェーバーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵