エミール・デュルケームとは?

エミール・デュルケーム(Émile Durkheim, 1858年4月15日 - 1917年11月15日)は、フランスの社会学者。オーギュスト・コント後に登場した代表的な総合社会学の提唱者である。その学問的立場は、方法論的全体論と呼ばれる。
デュルケームはフランスのロレーヌ地方のエピナールで代々敬虔な信仰を保持したフランス系ユダヤ人の家系に誕生している。父親と祖父はラビであった。
しかし彼自身は世俗的な人生を送っている。
事実、彼の業績の多くは宗教現象が天与の要素よりはむしろ社会的なそれに起因していることを実証したものであった。
しかしながら、彼のユダヤ人としての背景が彼の社会学に色濃く影響を与えていることは否定できない。彼の教え子と友人の多くはユダヤ人であり、血縁者であった。

エミール・デュルケームの詳細

エミール・デュルケームの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵