マックス・ヴェーバーとは?

マックス・ヴェーバー(Max Weber, 1864年4月21日 - 1920年6月14日)は、ドイツの社会学者である。マックス・ウェーバーと表記されることもある(正式な名前は、カール・エミール・マクシミリアン・ヴェーバー、Karl Emil Maximilian Weber。マックスはマクシミリアンの省略形である)。
社会学の黎明期の主要人物としてエミール・デュルケーム、ゲオルグ・ジンメル、カール・マルクスなどと並び称されることが多い。
西欧近代の文明を他の文明から区別する根本的な原理を、「合理性」と仮定し、その発展の系譜を「現世の呪術からの解放(Entzauberung der Welt)」と捉え、比較宗教社会学の手法で明らかにしようとした。そうした研究のスタートが記念碑的な論文である「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(1904年-1905年)であり、西洋近代の資本主義を発展させた原動力を、主としてカルヴィニズムにおける宗教倫理から産み出された世俗内禁欲と生活合理化であるとした。この論文は大きな反響と論争を引き起こすことになったが、特に当時のマルクス主義における、宗教は上部構造であって下部構造である経済に規定されるという唯物論への反証としての意義があった。

マックス・ヴェーバーの詳細

マックス・ヴェーバー人気商品

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (岩波文庫)

価格:¥ 903
オススメ度:
通常24時間以内に発送

職業としての政治 (岩波文庫)

職業としての政治 (岩波文庫)

価格:¥ 483
オススメ度:
通常24時間以内に発送

マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)

マックス・ヴェーバー入門 (岩波新書)

価格:¥ 819
オススメ度:
通常24時間以内に発送


マックス・ヴェーバーの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵