シャルル・ド・モンテスキューとは?

モンテスキュー (Montesquieu) (本名:Charles-Louis de Secondatシャルル=ルイ・ド・スコンダ )は、啓蒙思想 啓蒙期のフランスの哲学者、政治思想家である。ラ・ブレド (la Brède) とモンテスキュー (Montesquieu) を領地とする男爵 (baron) でもあった。
彼は、1689年1月18日に、ボルドー (Bordeaux) 近郊で生まれ、1755年2月10日に逝去した。ジョン・ロックやイギリスの政治に影響を受け、フランス絶対王政を批判し政治権力を分割し、均衡と抑制による権力分立制の基礎を築いた。法 (法学) 法とは「事物の本性に由来する必然的な関係」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは政治的自由が保障されないと考え、執筆に20年かけたといわれる著作『法の精神』で、権力を立法・行政・司法に分割する三権分立論を唱えた。

シャルル・ド・モンテスキューの詳細

シャルル・ド・モンテスキューの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵