ジャン・ル・ロン・ダランベールとは?

ジャン・ル・ロン・ダランベール(Jean Le Rond d”Alembert、1717年11月16日 - 1783年10月29日)は、フランスの数学者、物理学者、哲学者。
1743年に「動力学論」を刊行し、全ヨーロッパで脚光を浴びる。次いで「流体の釣り合いと運動論」「風の一般的原因に関する研究」などの物理学的研究を次々に発表した。その研究は社交界でも注目され、科学関係者だけでなくドゥニ・ディドロ ディドロ、ジャン=ジャック・ルソー ルソー、コンディヤックらの哲学者と知り合い、関心分野を広げた。その知名度と関心の広さを見込まれ、ディドロとともに「百科全書」の責任編集者となり、その刊行(1751年)にあたっては序文を執筆した。その後「百科全書」に「力学」「原因」「加速的」など150の項目を執筆し、それらをとおして、「力学は単なる実験科学ではなく、混合応用数学の第一部門である」と主張した。ダランベール力学の大きな功績は、アイザック・ニュートン ニュートン力学を肯定しながらも、そのなかにみられた神の影響を払拭した点にある。また「動力学」の項目では「ダランベールの原理」を明らかにしている。

ジャン・ル・ロン・ダランベールの詳細

ジャン・ル・ロン・ダランベールの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵