ドゥニ・ディドロとは?

ドゥニ・ディドロ(Denis Diderot、1713年10月5日 - 1784年7月31日)。フランス啓蒙思想の作家・哲学者。
思想的には、初期の理神論から唯物論、無神論に進んでいる。「盲人に関する手紙(盲人書簡)」(1749年刊)の唯物論的な主張のため投獄されたこともある。
英語に堪能で、ル・ブルトン書店からイギリスで刊行され成功したチェインバースの百科事典のフランス語版を依頼されたことが、18世紀を代表する出版物「百科全書」の編纂・刊行につながった。事業としての「百科全書」が狙っていた主要な対象は新興のブルジョワ階級であり、その中心は当時の先端の技術や科学思想を紹介した項目だが、それらにまじえながら、社会、宗教、哲学等の批判を行ったため、「百科全書」を刊行すること自体が宗教界や特権階級から危険視された。ディドロは、たびたびの出版弾圧、執筆者の離散を跳ね返し、「百科全書」(1751年-1772)の完結という大事業を成し遂げた。(百科全書はフランス革命(1789-1794年)を思想的に準備したともいわれる)

ドゥニ・ディドロの詳細

ドゥニ・ディドロの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵