ラ・メトリとは?

『ラ・メトリー』より : J・ド・ラ・メトリー(ら・めとりー、Julien Offroy de La Mettrie, 1709年12月19日-1751年11月11日)は、フランスの哲学者、医師。啓蒙期フランスの代表的な唯物論者である。
ブルターニュ沿岸のサン・マロに生まれた。生家は富裕な絹商人であり、家業を継がされるところ利発なところからコレージュ・ド・クーサンスに入学させた。まもなくカーンのヤンセン派の学校で修辞学の課程を学び、1725年コレージュ・ダルクールで哲学年級の課程を修めている。同郷人の医師ユノー(Hunauld)の成功に刺激されて神学の道を捨てて医学を学ぶために1733年にランス医科大学に赴き、ブールハーフェ(Hermann Boerhaave)の弟子となる。1734年からサン・マロで医師開業の登録を受けながら、ライデン大学でなおもブールハーヴェの講義を聴きに行っている。1735年にブールハーフェの『花柳病論』の翻訳に注釈をしてパリで出版をしているが、これがラ・メトリの最初の著作である。翌年パリ医科大学の医学者アストリュックに批判され、1747年まで続いたパリの医師すべてをやり玉に挙げた論戦を展開する。

ラ・メトリの詳細

ラ・メトリの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵