ゴットフリート・ライプニッツとは?

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(Gottfried Wilhelm Leibniz, 1646年7月1日 - 1716年11月14日)はドイツのライプツィヒ生まれ。哲学者、数学者、科学者として有名だが、また政治家であり、外交官でもあった。17世紀の様々な学問(法学、政治学、歴史学、神学、哲学、数学、経済学、自然哲学(物理学)、論理学等)を統一し、体系化しようとした。その業績は法典改革、モナド論、微積分法、微積分記号の考案、論理計算の創始、ベルリン科学アカデミーの創設、等々、多岐にわたる。ライプニッツは稀代の知的巨人といえる。
「モナドロジー(単子論)」「予定調和説」を提唱。その思想は、単なる哲学、形而上学の範囲にとどまらず、論理学、記号学、心理学、数学、自然科学などの極めて広い領域に広がる。また同時に、それらを個々の学問として研究するだけでなく、「普遍学」として体系づけることを構想していた。学の傾向としては、通常、デカルトにはじまる合理主義哲学 大陸合理論の流れのなかに位置づけられるが、ジョン・ロックの経験論にも深く学び、ロックのデカルト批判を受けて、精神と物質を二元的にとらえる存在論およびそれから生じる認識論とはまったく異なる、世界を、世界全体を表象するモナドの集まりとみる存在論から、合理論、経験論の対立を回収しようとしたといえる。

ゴットフリート・ライプニッツの詳細

ゴットフリート・ライプニッツ人気商品

ライプニッツ―なぜ私は世界にひとりしかいないのか (シリ…

ライプニッツ―なぜ私は世界にひとりしかいないのか (シリ…

価格:¥ 1,050
オススメ度:
通常24時間以内に発送

襞―ライプニッツとバロック

襞―ライプニッツとバロック

価格:¥ 3,150
オススメ度:
通常4~5日以内に発送

形而上学叙説 (岩波文庫)

形而上学叙説 (岩波文庫)

価格:在庫切れ
オススメ度:


ゴットフリート・ライプニッツの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵