ニコラス・マールブランシュとは?

ニコラス・ド・マールブランシュ( Nicolas de Malebranche, 1638年8月6日-1715年10月13日)はフランスの思想家 哲学者。オラトリオ会修道士。ルイ14世 (フランス王) ルイ14世と生没年が一緒。
1664年にルネ・デカルト デカルトの遺稿「人間論」に接したのをきっかけに哲学にめざめ、オラトリオ会が帰依するアウグスティヌスの神秘的な思想と理性を重視するデカルト哲学の総合をめざした。その成果はまず初期の大著「真理の探究」として1674年-75年に発表された(74年に第1巻~第3巻までを収めた第1分冊を、75年に残りの第4巻~第6巻までを収めた第2分冊を刊行)。「真理の探究」は、1.感覚、2.想像力、3.知性、4.傾向性、5.情念および6.方法の各巻からなり、人間の心のはたらきを詳細に分析したうえで、それらから生じる誤謬を防ぐ方法で全巻を締めくくっている。この著作は公刊直後から大きな反響を呼び、ボシュエ、フェヌロン、アルノーらの神学者、哲学者との論争を受けて、マールブランシュの生前に5回改訂されている。「真理の探究」の問題提起は、こうした論争のなかで深化され、その成果は「形而上学と宗教についての対話」(1688年)などに結実した。

ニコラス・マールブランシュの詳細

ニコラス・マールブランシュの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵