バールーフ・デ・スピノザとは?

バールーフ・デ・スピノザ(エスピノーザ)(Baruch De Spinoza, 1632年11月24日 - 1677年2月21日)はオランダの哲学者、神学者。ヘブライ語名は「祝福された」の意。一般には、そのラテン語化ベネディクトゥス・スピノザ (Benedictus De Spinoza) で知られる。ルネ・デカルト デカルト、ゴットフリート・ライプニッツ ライプニッツと並ぶ合理主義哲学者として知られる。
アムステルダムのユダヤ人の家庭に生まれる。両親はポルトガルからオランダへ移住してきたセファルディム。幼少の頃より学問の才能を示し、ラビとなる訓練を受けたが、家業を手伝うために高等教育は受けなかった。
伝統から自由な宗教観を持ち、そのため1656年にアムステルダムのユダヤ人共同体から破門・追放される。追放後はハーグに移住し、転居を繰り返しながら執筆生活を行う。1662年にはボイルと硝石に関して論争した。

バールーフ・デ・スピノザの詳細

バールーフ・デ・スピノザの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵