良寛とは?

良寛(りょうかん 宝暦8年10月2日 (旧暦) 10月2日(1758年11月2日) - 天保2年1月6日 (旧暦) 1月6日(1831年2月18日))は江戸時代の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。俗名、山本栄蔵または文孝。号は大愚。
越後国出雲崎(現・新潟県出雲崎町)に生まれる。父、山本左門泰雄はこの地区の名主であり、以南という俳人でもあった。名主見習いだった良寛は18歳のとき出家したが、この時期には妻(山本家家譜によると死後法名は釋尼妙歓)が居たとする説が最近出ている(この妻は出家前に離縁)。
出家後、玉島(岡山県倉敷市)の円通寺の国仙和尚に師事し、諸国を廻る。その頃義提尼より和歌の影響を受ける。48歳のとき、越後国上山の五合庵、61歳のとき、乙字神社境内の草庵、70歳のとき島崎村の木村元右衛門邸内にそれぞれ住んだ。無欲恬淡な性格で、生涯寺を持たず、諸民に信頼され、良く教化に努めた。

良寛の詳細

良寛の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵