カール・ヤスパースとは?

カール・ヤスパース (Karl Jaspers, 1883年2月23日 オルデンブルク、ドイツ - 1969年2月26日 バーゼル、スイス) は、ドイツの精神科医、思想家 哲学者。実存主義の代表者のひとり。哲学、現代神学、精神医学に強い影響を与えた。主著は『精神病理学総論』(1913年)、『哲学』(1932年)など。
彼は、その生涯の時期とも合い合わさって、三つの顔を持っている。精神病理学者として、哲学者として、政治評論家としての活動である。
早い頃から哲学に関心を抱いていたものの、父が法曹に身を置いていたため、ヤスパースは大学で法学を学びはじめる。まもなく1901年には医学の道へ転向。1909年に医学部を卒業した後はハイデルベルクの精神病院で医師として働く。そこで当時の医学界の精神病に対する姿勢に疑問を抱き、精神医学の方法論の改良を目指すようになる。1913年にはハイデルベルク大学で精神医学を教えはじめ、以後、臨床に戻ることはなかった。しかし彼自身の精神医学に対する関心は終生変わることはなく、処女作『精神病理学総論』の分量を大幅に増やし、改訂版第四版として公刊したのは第二次大戦後である。

カール・ヤスパースの詳細

カール・ヤスパース人気商品

戦争の罪を問う (平凡社ライブラリー)

戦争の罪を問う (平凡社ライブラリー)

価格:¥ 840
オススメ度:
通常24時間以内に発送

哲学入門

哲学入門

価格:¥ 460
オススメ度:
通常24時間以内に発送

世界の名著 75 ヤスパース・マルセル (75)

世界の名著 75 ヤスパース・マルセル (75)

価格:在庫切れ
オススメ度:


カール・ヤスパースの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵