セーレン・キェルケゴールとは?

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 - 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル ヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。
キェルケゴールの初期の著作の多くは様々な仮名を使って書かれている。また、ある仮名の著者が、それ以前に書かれた作品の(これまた)仮名の著者に対してコメントすることもしばしばあった(最も顕著なのは『哲学的断片への結びとしての後書き』だろう)。もちろん全ての著作はキェルケゴールによって書かれたわけだが、その様々な仮名使用のために彼の著作は一貫した解釈が難しいことがある。キルケゴールはその傍らで本名での著作も発表しており、彼自身は再三、偽名の著者達と自分を取り違えないで欲しい、と主張していた。こちらは現在まであまり読まれていない。

セーレン・キェルケゴールの詳細

セーレン・キェルケゴール人気商品

セーレン・キェルケゴールの日誌 第1巻 (1)

セーレン・キェルケゴールの日誌 第1巻 (1)

価格:¥ 7,350
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

セーレン・キェルケゴール伝 (1967年)

セーレン・キェルケゴール伝 (1967年)

価格:在庫切れ
オススメ度:


セーレン・キェルケゴールの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵