一山一寧とは?

一山一寧(いっさんいちねい、宝治元年(南宋の淳祐7年、1247年)~文保元年(1317年))は元 (王朝) 元の渡来僧。寧一山ともいう。
台州臨海県(現在の浙江省台州地区臨海市)の出身。姓は胡氏。幼くして出家し、律宗 律、天台宗を学んだ後、臨済宗に転じ、天童山や浄慈寺などで修行を積み、阿育王寺の頑極行弥の法を嗣いだ。その後、環渓惟一らに参禅を続け、諸所を遊方した。
二度の日本遠征(元寇)に失敗した元の世祖クビライは再遠征の機会をうかがうと共に、交渉によって平和裏に日本を属国とするべく使者を派遣した。
当時の日本は臨済禅の興隆期にあり禅僧を尊ぶ気風があったため、補陀落山観音寺の住職であった愚渓が使者に選ばれた。

一山一寧の詳細

一山一寧の画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵