夢窓疎石とは?

夢窓 疎石(むそう そせき、道号が夢窓、法諱が疎石、建治元年(1275年) - 観応2年9月30日 (旧暦) 9月30日(1351年10月20日))は、 鎌倉時代末から南北朝時代、室町時代初期にかけての臨済宗の禅僧である。七朝帝師。父は佐々木朝綱、母は北条政村 平政村の娘。
伊勢国(三重県)出身。幼少時に出家し、母方の一族の争いで甲斐国(山梨県)に移住する。1283年に平塩山寺に入門して空阿に師事し、真言宗や天台宗などを学ぶ。1292年に奈良の東大寺で受戒する。建仁寺の無隠円範に禅宗を学ぶ。鎌倉へ赴き、円覚寺の桃渓徳悟、1299年には建長寺の一山一寧のもとで首座を勤めるも嗣法には及ばず、1303年に鎌倉万寿寺の高峰顕日に禅宗を学び、1305年には浄智寺で印可を受ける。甲斐国・龍山庵、美濃国・虎渓庵、土佐国・吸江庵、上総国・退耕庵、相模国など各地の寺庵に滞在する。

夢窓疎石の詳細

夢窓疎石人気商品

夢窓疎石―日本庭園を極めた禅僧 (NHKブックス)

夢窓疎石―日本庭園を極めた禅僧 (NHKブックス)

価格:¥ 1,071
オススメ度:
通常24時間以内に発送

夢窓疎石

夢窓疎石

価格:在庫切れ
オススメ度:

西芳寺 苔と石と夢窓疎石

西芳寺 苔と石と夢窓疎石

価格:¥ 3,675
オススメ度:
通常4~5日以内に発送


夢窓疎石の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵