日親とは?

日親(にっしん、1407年(応永14年) - 1488年10月21日(長享2年9月17日 (旧暦) 9月17日))は、室町時代の日蓮宗の僧である。父は埴谷重継。
下総国に生まれる。妙宣寺において日英に学び、中山法華教寺に入門する。1427年に上洛し、鎌倉や京都など各地で布教活動を行う。1433年には肥前国へ赴く。同年に再び上洛し、本法寺を開く。日親は諸寺院を日蓮宗に改宗させ、6代将軍足利義教への説法の機会を得た際に他宗の喜捨を説いて建言を禁止される。禁に背いたために投獄され、本妙寺は破却となる。拷問を受けた際に灼熱の鍋を被せられたまま説法を説いたという伝説が誕生し、「鍋かぶり日親」と呼ばれた。1441年の嘉吉の乱で義教が殺されると赦免されるが、その後も8代将軍足利義政の上洛命令などを受け、投獄もされている。1463年には町衆の本阿弥清延の協力を得て本妙寺を再興する。1488年に死去、享年82。

日親の詳細

日親人気商品

お笑い北朝鮮―金日成・金正日親子長期政権の解明

お笑い北朝鮮―金日成・金正日親子長期政権の解明

価格:¥ 1,386
オススメ度:
通常24時間以内に発送


日親の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵