瑞渓周鳳とは?

瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう、明徳2年/元中8年12月8日 (旧暦) 12月8日(1392年1月2日) - 文明 (元号) 文明5年5月8日 (旧暦) 5月8日(1473年6月3日))は、室町時代中期の臨済宗の僧。和泉国の出身で、俗姓は大伴氏。諱は周鳳。字は瑞渓。臥雲山人とも称される。諡号は興宗明教禅師。
10歳のとき父を失った。1406年(応永13年)京都相国寺の無求周伸(むきゅうしゅうしん)に師事して出家し、その法を継ぐ。1440年(永享12年)相国寺の住持に就任し、1446年(文安3年)相国寺鹿苑院の院主となり、僧録に任じられた。6代将軍足利義教、8代将軍足利義政に重用され、文筆の才により室町幕府の外交文書の作成にあたった。

瑞渓周鳳の詳細

瑞渓周鳳人気商品

善隣国宝記 善隣国宝記
価格:¥ 15,291
オススメ度:
発売日:通常3~5週間以内に発送

瑞渓周鳳の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵