蓮如とは?

蓮如(れんにょ、応永22年(1415年) - 明応8年3月25日 (旧暦) 3月25日(1499年5月5日))は室町時代の僧。本願寺第8世。諱(いみな)は兼寿、号は信証院。慧燈大師。
異宗や他派に押されていた浄土真宗本願寺を中興し、現在の礎を築いた。
京都東山の本願寺で生まれる。父は本願寺第7世存如、母は、存如の母に給仕した女性と伝えられている。
応永27年(1420年) 蓮如が6歳時、存如が本妻を迎えるにあたって、生母は本願寺を退出しその後行方知れず。蓮如幼年期の本願寺は、仏光寺の隆盛に比し、不振の極にあった。
永享3年(1431年) 15歳。青蓮院で得度し、中納言広橋兼郷の猶子となる。
その後、本願寺と姻戚関係にあった興福寺大乗院経覚について修学。父存如を補佐し門末へ下付するため、多くの聖教を書写した。永享6年(1434年)5月12日 (旧暦) 5月12日の識語をもつ『”浄土文類聚鈔” 』が、蓮如の書写になる現存最古のもの。

蓮如の詳細

蓮如の画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵