アタナシウスとは?

『アタナシオス (アレクサンドリアの)』より : アタナシオス(Athanasios, 298年 - 373年5月2日。ラテン語ではアタナシウス)は4世紀のキリスト教の神学者、ギリシア教父、聖職者である。エジプトのアレキサンドリア司教 主教を務めたため、アレクサンドリアのアタナシオスまたは大アタナシオスと呼ぶ。
ローマ・カトリックと東方正教会では聖人である。日本ハリストス正教会ではアファナシイと呼ぶ。
アレクサンドリアの輔祭として出席した第1ニカイア公会議 第1回ニケア公会議でアレイオスを反駁し、アリウス派 アレイオス派の「子は被造である」との説を退け、三位一体論の形成に寄与した。アレクサンドリア主教として教会を指導するために行った数々の理論的著述とともに、友人の隠遁修道者アントニオスの伝記作家としても知られる。また聖書の正典化に関する文書も残している。

アタナシウスの詳細

アタナシウス人気商品

アタナシウス信条について/主について/聖霊について―遺稿

アタナシウス信条について/主について/聖霊について―遺稿

価格:¥ 1,050
オススメ度:
通常2~3日以内に発送

アタナシオス神学の研究

アタナシオス神学の研究

価格:¥ 7,875
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

アタナシオスの救済論

アタナシオスの救済論

価格:在庫切れ
オススメ度:


アタナシウスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵