アレイオスとは?

『アリウス派』より : アリウス派(ありうすは)は、アレキサンドリアの司祭、アレイオス(アリウス、250年頃 - 336年頃)の教説を信奉する古代キリスト教の一派である。
正統信仰の三位一体説ではない説を唱えたため、異端とされた。
父なる神と子なるイエス・キリスト、および聖霊は全く異なる(ヘテロウシオス)とする。この説は一時、東方で支持者を得る。
ニケア公会議で異端とされた。アリウスの死後、3派に分裂しつつも皇帝コンスタンティウス2世の支持を得るなど勢力を保っていたが、カルケドン公会議で再び異端を宣告された。
それでもゲルマン人のヴァンダル王国・東ゴート王国などでは強い勢力を持ち、これらの諸王国では正統とされたアタナシウス派が迫害されるほどであった。しかし、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌス1世によってヴァンダル・東ゴートが滅ぼされ、フランク王国のクロヴィス1世 クローヴィスがアタナシウス派に改宗すると、アタナシウス派に押されて勢力としては消滅した。しかしながら少数派として生き延び、イギリスではアイザック・ニュートンがアリウス派であるとされている。アリウス派の一派は教父ウルフィラにより西ゴート人に伝道されている。

アレイオス派の詳細

アレイオスの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵