エルンスト・カッシーラーとは?

エルンスト・カッシーラー(Ernst Cassirer, 1874年7月28日 ブレースラウ - 1945年4月13日)は、ユダヤ系のドイツの哲学者、思想史家。
マールブルク大学でヘルマン・コーエン コーエンに学び、新カント派のマールブルク学派の中心的な存在となる。
『認識問題』で中世思想から近代思想を認識論の問題を中心に論じ、
『実体概念と関数概念』で近代的な科学の認識論的な転回として、実際に見ることの出来る、実体概念から、関数的な記述によってのみ捉えられる、関数概念への移行を分析し、
『シンボル形式の哲学』での人文科学 人文、社会科学の横断的な研究から独自の哲学的人間学を構築した。

エルンスト・カッシーラーの詳細

エルンスト・カッシーラー人気商品

シンボル形式の哲学 (4) (岩波文庫)

シンボル形式の哲学 (4) (岩波文庫)

価格:¥ 840
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

シンボル形式の哲学〈2〉神話的思考 (岩波文庫)

シンボル形式の哲学〈2〉神話的思考 (岩波文庫)

価格:¥ 987
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送

言語と神話

言語と神話

価格:在庫切れ
オススメ度:


エルンスト・カッシーラーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵