ハインリヒ・リッケルトとは?

ハインリヒ・リッケルト(Heinrich John Rickert, 1863年5月25日 - 1936年7月25日)は、ドイツの哲学者。新カント派の西南ドイツ学派の代表的な人物として知られる。Rickertは、「リッカート」とも読まれる。
ダンチヒで雑誌編集者で国民自由党 (ドイツ) 国民自由党の政治家である父の息子として生まれる。ダンチヒとベルリンで学び、ベルリン大学に入学。美術史家のヘルマン・グリムや哲学者・フリードリッヒ・パウルゼンの講義を聴く。特にパウルゼンの講義はリッケルトに哲学を専攻させる決意をさせた。1885年にシュトラスブルク大学へ移り、ヴィルヘルム・ヴィンデルバントらの講義を聞く。さらにチューリッヒでリヒャルト・アベナリウスを知るようになった。1888年にヴィンデンバンドの主査によって『定義論』(”Zur Lehre von der Definition.”)で博士号を取得。

ハインリヒ・リッケルトの詳細

ハインリヒ・リッケルト人気商品

認識の対象

認識の対象

価格:在庫切れ
オススメ度:


ハインリヒ・リッケルトの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵