パウル・ナトルプとは?

パウル・ナトルプ(Paul Gerhard Natorp, 1854年1月24日 -1924年8月17日 )は、ドイツの哲学者。
ヘルマン・コーエン コーエンとともに、新カント派のマールブルク学派を形成。
科学の認識論的基礎付け、プラトン的イデア論に基く哲学、意志とイデアの陶治による社会的教育学を説いた。
弟子にハンス・ゲオルク・ガダマー ガダマー、ニコライ・ハルトマン ハルトマン
またレオン・ブランシュヴィック ブランシュヴィックはナトルプの科学の認識論基礎付けに影響を受けた。
生前の彼の全蔵書は『ナトルプ文庫』として成城大学図書館が所蔵している。
ナトルプの言葉:「人間は、人間的社会によってのみ人間になる」

パウル・ナトルプの詳細

パウル・ナトルプ人気商品

ナトルプ一般教育学の研究

ナトルプ一般教育学の研究

価格:在庫切れ
オススメ度:

ペスタロッチ―その生涯と理念

ペスタロッチ―その生涯と理念

価格:在庫切れ
オススメ度:

唐沢富太郎著作集 (3)

唐沢富太郎著作集 (3)

価格:在庫切れ
オススメ度:


パウル・ナトルプの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵