プロティノスとは?

プロティノス(Plotinos 205年? - 270年)は、新プラトン主義(ネオプラトニズム)の創始者といわれる哲学者である。
エジプト出身で、アレクサンドリアで学んだ後、ローマに移住。哲学の教師になる。主著に『エンネアデス』がある。ローマ皇帝ガリエヌスと交流があった。
プロティノスはプラトン(紀元前427年 - 紀元前347年)より500年以上も後の生まれであり、当時は様々な神秘主義思想が唱えられていた時代である。ただしネオプラトニズムの創始者とはいっても、プロティノス自身には独自な説を唱えたという意識はなく、プラトンの正しい解釈と考えていた。
プロティノスの思想はプラトンのイデア論を受け継ぎながら、その二元論を克服しようとしたものである。

プロティノスの詳細

プロティノス人気商品

エネアデス(抄) 1 (1) (中公クラシックス W 50)

エネアデス(抄) 1 (1) (中公クラシックス W 50)

価格:¥ 1,628
オススメ度:
通常24時間以内に発送

エネアデス(抄) 2 (2) (中公クラシックス W 51)

エネアデス(抄) 2 (2) (中公クラシックス W 51)

価格:¥ 1,628
オススメ度:
通常24時間以内に発送

善なるもの一なるもの―他一篇 (岩波文庫)

善なるもの一なるもの―他一篇 (岩波文庫)

価格:¥ 525
オススメ度:
通常24時間以内に発送


プロティノスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵