アンドリュー・セスとは?

アンドリュー・セス(Andrew Seth Pringle-Pattison, 1856年12月20日 - 1931年9月1日)はイギリス・スコットランドの哲学者。イギリスにおけるヘーゲル主義者(観念論哲学)としてしられ、イギリス哲学の伝統といえる経験論に対向していった。実弟のジェームズ・セスも哲学者である。
エディンバラの出身。1873年にエディンバラ大学に入学。ワーズワースの詩に傾倒する。首席で卒業後、留学生としてベルリンやイェナに遊学。これは、観念論哲学研究の下地となった。1883年にカディーフ大学の哲学教授に就任後、セントアンドリューズ大学次いでエディンバラ大学の論理学・形而上学の担当教授を歴任。彼の哲学書は、古今東西問わず鋭い批評を通じて行われ、当時の哲学研究に影響した。現在においても英国内で哲学を学ぶ際には、重要な図書として扱われている。

アンドリュー・セスの詳細

アンドリュー・セス人気商品

王女テラの棺

王女テラの棺

価格:在庫切れ
オススメ度:

ドリーム・センス【字幕版】

ドリーム・センス【字幕版】

価格:在庫切れ
オススメ度:

ノックアラウンド・ガイズ

ノックアラウンド・ガイズ

価格:¥ 2,625
オススメ度:
通常24時間以内に発送

ノックアラウンド・ガイズ

ノックアラウンド・ガイズ

価格:在庫切れ
オススメ度:


アンドリュー・セスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵