エドゥアルト・シュプランガーとは?

エドゥアルト・シュプランガー(Eduard Spranger、1882年6月27日-1963年9月17日)は、ドイツの教育学者で、哲学者、心理学者でもあった。バーデン・ヴュルテンベルク州のチュービンゲンの生まれ。
シュプランガーは、1911年からライプツィヒ大学の教授、1920年ベルリン大学に移り、1946年以降はテュービンゲン大学に在職した。その途中、1936年-1937年の間、シュプランガーは客員教授として日本に滞在していた事もあるが、これはアドルフ・ヒトラー ヒットラーに批判的であったシュプランガーをドイツ国外に移し、冷却期間を置くという政治的意味合いもあった。また、彼は1934年-1944年、ベルリン水曜協会(:de:Mittwochsgesellschaft)のメンバーでもあり、ここで時事的な議論を当時の主要な知識人たちと交わしていた。

エドゥアルト・シュプランガーの詳細

エドゥアルト・シュプランガー人気商品

シュプランガー教育学の研究

シュプランガー教育学の研究

価格:在庫切れ
オススメ度:

シュプランガー教育学へのいざない

シュプランガー教育学へのいざない

価格:¥ 4,077
オススメ度:
通常3~5週間以内に発送


エドゥアルト・シュプランガーの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵