エドワード・ケアードとは?

エドワード・ケアード(Edward Caird, 1835年3月22日 - 1908年11月1日)はイギリス・スコットランドの哲学者。神学者。イギリスにおけるヘーゲル主義者(観念論哲学)としてしられ、イギリス哲学の伝統といえる経験論に対向していった。当時、兄のジョン・ケアードと共にイギリスにおける観念論哲学研究の中心的な人物であった。
兄と同じくイギリス中部・グリーンノックの生まれ。グラスゴー大学とオックスフォード大学のベイオイル・カレッジで学ぶ。学士号授与試験では主席を取った。1864年から1866年までオックスフォードのメルトン・カレッジの講師に就任。1866年にはグラスゴー大学の道徳哲学の教授に就任。1893

エドワード・ケアードの詳細

エドワード・ケアードの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵