ジェームズ・セスとは?

ジェームズ・セス(James Seth, 1860年5月6日 - 1924年7月24日)はイギリス・スコットランドの哲学者。イギリスにおけるヘーゲル主義者(観念論哲学)としてしられ、イギリス哲学の伝統といえる経験論に対向していった。実兄のアンドリュー・セスも観念論研究で有名な哲学者である。一般に兄に比べると、知名度業績ともに劣っているとされるが、イギリスの観念論研究において触れなくてはならない名であろう。
エディンバラの出身。兄を追うように1876年にエディンバラ大学に入学。兄と同様に、哲学を専攻し首席で卒業した。兄と同様に彼も、ドイツに留学。観念論研究に費やす。各大学で教鞭をとった後、1891年にエディンバラ大学の倫理学教授に就任。1919年まで教鞭を取っていた。兄は、形而上学が専門だったのに対して、彼は観念論哲学の倫理学に興味持っていた。兄と共に、スコットランド・エディンバラで哲学の名をとどろかしていた。これは、グラスゴーにおけるケアード兄弟と同様といえよう。

ジェームズ・セスの詳細

ジェームズ・セス人気商品

妖婆の家 妖婆の家
価格:¥ 2,990
オススメ度:
発売日:通常24時間以内に発送

ジェームズ・セスの画像


WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵