ジークフリート・マルクとは?

ジークフリート・ザムエル・マルクス(ドイツ語: Siegfried (Samuel) Marcus, ヘブライ語: (זיגפריד) שְׁמוּאֶל מרכּוּס‎‎、1831年9月18日 – 1898年7月1日)は、ドイツ生まれのオーストリア人発明家で、自動車開発の先駆者である。 生涯 メクレンブルク=シュヴェリーン自由国(現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州)のマルヒーン(Malchin)に生まれる。1852年、オーストリア帝国の首都ウィーンに上った。 1856年から1898年まで、ウィーンで科学装置を製作する独立製造業者として働いていた。電気に興味を持ち、照明技師としても成功した。主なイノベーションとしては、電信システムとダイナマイト・プランジャーの改良がある。 1870年ごろ、内燃機関を単純な荷車に搭載した。液体の燃料を使うよう設計されており、ガソリンを使って駆動する世界初の自動車を作った人物とされている。この最初の自動車を「第1マルクスカー (First Marcus Car)」と呼ぶ。

ジークフリート・マルクスの詳細

ジークフリート・マルクの画像

WikiPedia | Amazon | 楽天ウェブサービス | フォト蔵